日常・雑記の記事 (1/279)

ファッキン労働

 ファッキン労働が今月は特にハードだったので、この一ヶ月の半分はほぼ帰って寝るだけの生活でした。虚無。二月からはマシになる予定なのでもう少し趣味に時間使えそう。家に帰るとすぐ眠くなるので朝の通勤時間の方がむしろ好きなことできている。

 そんな私の状況とは関係なく、気になっているゲームが続々と出ます。
 龍が如く8、ペルソナ3R、FF7R……。
 どれも私がプレイすればクリアまで数ヶ月は掛かる重いタイトル。
 ゲームの発売するペースと消化スピードがまったく釣り合ってないよォ

 労働とゲームを上手く両立出来ている人は労働時間そのものが少ないのか、単純に睡眠時間を削ってパワープレイしているのかどっちだ……。
スポンサーサイト



2024年

 あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくおねがいします。

 去年は投稿した記事の大半が「FE」と「スト6」になってしまって、本当は他にも色々書きたいと思いつつも労働で失った気力では、ついつい書きやすいジャンルに走りがちになってしまうので今年はもう少し別な事も書ければなぁと思います。

 労働に耐えうる強靭な気力と体力を手に入れたい!
 そんな2024年にしていきたいです。

2023年のTOP3

 今年の振り返り時期。
 毎年恒例のようでいて、書くのが大変なので打ち切りの可能性を秘めている。

 私が2023年に買った物や触れたコンテンツなので
 挙げたモノが必ずしも2023年発のモノとは限らないので悪しからず。

 面白かったゲーム
1位:ストリートファイター6 (Steam)
2位:ブルーアーカイブ (Android/iOS)
3位:ファイアーエムブレム エンゲージ (Switch)


 カッコ内は私が遊んだハード。

 1位に関してはもはや言わずもがな、といっても良いでしょう。
 スト5から7年振りの完全新作。格闘ゲームは大会シーンこそ注目される時はあれどプレイ人口や全体の盛り上がりに関してはニッチなジャンルという印象でした。しかし一人用モードの充実やモダン操作の投入によりプレイの敷居が圧倒的に下がったことや、公式やストリーマー、有名選手が一丸となってイベントやコミュニティを盛り上げてくれたおかげで本当にたくさんの新規プレイヤーが増えて、対戦できるのが楽しいです。
 まだまだ発売して半年、スト4やスト5が7年続いたことを考えれば今から始めてもまったく遅くない。格ゲー新規、増えろ増えろ……。

 2位は普段私が手を出さないスマホゲーム。ストーリーの評判の高さやSNSでキャラの可愛い画像が一生流れてくるので気になったから触ってみた、というきっかけでした。何だかんだ現在も毎日ログインしてAPやデイリーを消化しているのできっちりハマっています。ストーリーは本当に良かったですし、それを彩るキャラクター達も可愛い。想定外だったのはBGMも滅茶苦茶良かったこと、めっちゃサブスクでサントラ聴いてます。ガチャは沼なので☆3確定ガチャが出た時に課金する程度の距離感。これが基本無料で遊べる時代って凄いですね……。

 3位はFEの新作。ストーリーが個人的には微妙であることや、終盤の大量の増援が出てくる難易度の方向性は好きではないんですけど、戦闘スタイルによる兵種の差別化や指輪システムによって育成やユニットの活躍の幅が非常に広がったのは面白かったです。そろそろ身体が次回作を欲しているので、完全新作か聖戦リメイク頼む……。


 買って良かったもの
1位:iPad mini 6
2位:Logicool G PRO X 2
3位:メンズシェーバー ラムダッシュ


 1位はiPad mini。買換前のiPad Air3と比べれば5倍くらい使用時間が増えています。それくらい片手で持てるサイズ感というのは取り回しが良いですね。動画を見るのもブラウザを使うにもゲームをするにも丁度いい大きさ。日常的にほぼ毎日使用しているので生活貢献度が高い。強いてあげれば電子書籍を読む時は10インチ以上の方が見開きのシーンは見やすいかも。

 2位はゲーミングヘッドセット。以前使用していたものが勝手に電源が落ちるようになってしまったので買い替えたものです。ハイエンドモデルなので値段は相応ですが、「有線ヘッドセットは線が邪魔だから嫌、かといって無線で音の遅延があるのはもっと嫌、音質も折角ならそこそこ良い方が嬉しい」というワガママな要望に応えてくれたので良い買い物だったと思います。音の遅延はスト6やっていて体感気にならない程度なので、シビアな音ゲーとかは分からないかも。

 3位は電動髭剃り。早くて便利。髭を剃るという生活につきまとう行動を数千円で時短できるのだから、もっと早く買っておけば良かったと後悔。

 面白かったアニメ・映画
1位:RRR
2位:サマータイムレンダ
3位:ウマ娘 プリティーダービー ROAD TO THE TOP


 1位はインドのアクション映画。本当に頭空っぽにして楽しめるのでオススメです。
 二人の超人コンビが大暴れするの気持ち良すぎだろ!

 2位はタイムリープ物のアニメ。2クールありますが、前半1クール目は敵の正体やその目的に迫る謎解きがメイン、後半2クール目は黒幕との対峙を描いたバトル要素がメインという少し変わった作品。タイムリープ系は絶望的な状況に置かれた主人公が過去のループから得た経験を元に打開していく展開が多いですが、この作品は敵も過去のループした経験を引き継げるので情報戦で優位を作れないというのが面白いですね。


 良かったゲームBGM
1位:Love the Subhuman Self (GUILTY GEAR -STRIVE-)
2位:Operation☆DOTABATA (ブルーアーカイブ)
3位:欠陥品 ~烈 (ファイアーエムブレム エンゲージ)


 今年やったゲームからチョイス。
 ギルティギアは格闘ゲーム買うとおまけで神曲の詰め合わせと映画二本分のストーリーモードが付いてくるおトクなゲームです。ブルーアーカイブは強いてあげればという感じで一曲選びましたが、上でも少し書きましたが良いBGMばかりです。


 という訳で以上。
 2024年もよろしくおねがいします。

メモ帳アプリ

 長らくメモ帳アプリは「Evernote」を使用していましたが、最近の課金に対する圧と無料プランの改悪がキツすぎるので「One Note」に移行しました。同期できるデバイスの制限までは許容できていたが、ノートの上限数を最大50に減らされるのは流石に。

 データ移行は外部アプリを使用すれば問題なく移行できました。
 使い勝手はまだOne Noteに慣れていないのもあって前のほうが使いやすいと思っていますが、私のメモ帳アプリの使用用途は本当にちょっとしたことをメモとして書き残したりスト6の対策メモ程度の使い方しかしていないので問題なさそうです。

 「メモ帳アプリは生活必需品です!」くらいお世話になっていたらEvernoteの有料ユーザーになる考えもあったのですが、代替アプリで簡単に代用できるならそっちに流れざるを得ないですよねえ……。所詮は有象無象のライトユーザー。

 しかし逃げ込み先としてOne Noteのユーザーが増えそうなので、ある程度囲い込んだタイミングで改悪してきそうな予感。文字をクラウドに残すのも楽ではない。

ブラックフライデー

 あー年末
 もう今年が終わろうとしている事実、信じられないですねー。

 そういえば最近、ブラックフライデーがありましたね。
 Steamで多くのゲームが安くなっていて目を引きましたが、過去の経験から「セールで安いから」という理由で買っても結局やらずに詰んでしまっていたので今回は特に買っていないです。ゲームは今プレイしているものだけで精一杯なんだ……。

 Amazonも同じ理由でプロテインくらいしか買っていないです。
 他には、セールの対象ではなかったので関係ないのですが、前々から気になっていたサウンドバーを購入しました。
20231202.jpg
 横幅が長すぎて写真に入り切っていないですが、実際は結構な大きさ。
 テレビは年々薄型になることで内蔵スピーカーの設置スペースが限られてしまって音質が良くない、という話を聞いたので試しに音響環境も良くできないかという経緯です。

 設置して聴き比べた感想としては、これは明らかに違う!
 特に低音に関してはテレビで拾えていなかった音もしっかりと聴き取れる。
 2万円の買い物でしたが、早くも買って良かったなと思いつつあります。

 しかしレビューを見ていると2万円台のスピーカーがエントリーモデルとして区分されているのに驚きますね。平気で10万以上のものも売られているし、スピーカーに拘り始めたら終わりがなさそうだから気をつけよう……。