エンゲージ Hの記事 (3/3)

FE エンゲージ part3

7章 闇の紋章士


 スタルークとその臣下のラピスとシトリニカが加入。
 スタルークは初期ステータスが加入時から育てていたエーティエと同等以上。しかも兵種がロードで王族なので育てたら強くなりそうな予感がビンビンするが、序盤から使っていて愛着もあるエーティエの使用を続投、ステータスもそこまで差がないしね……。

 ラピスとシトリニカも使いたいキャラではあるんですけど、出撃枠が厳しすぎて今のスタメン枠を削って入れられるかというと難しい……。シトリニカはセリーヌが強いので使わない可能性が高いが、ラピスは主人公を除けば数少ない剣士枠なので使いたい。

 ボスは初の紋章士の指輪持ち。
FobwN85akAAOlzC.jpg
 オルテンシアは飛行系なのでエーティエで釣り出してダメージを与えつつ、他のユニットでトドメを刺して撃破。経験値は極力稼ぎたかったのでオルテンシアの配下も倒しました。ボスを釣りだす時はモンクのチェインガードが優秀ですね。


8章 勇ましき王国


FobwN86aYAAGMGS.jpg
 かなり久々感のある防衛マップ。
 勝利条件が多彩なFEは、いいぞ。

 しかし多数の敵を前衛役で何とか持ちこたえつつ凌ぐ……という局面もなく、なんなら序盤の敵を片付ければわりと前までユニットを進められるくらいには難易度が低い。

 そして見るからに強そうな男、ディアマンドが加入。過去作の兵種でいう傭兵のような立ち位置かな。初期ステータス優秀でメインストーリーにも関わってきそうなので育成しようとは思いますが、8章で加入したラピスの立ち位置が早くも危ない。良いキャラは多いのに出撃枠が少なすぎる……。

Fobwa-AaAAAbVm4.jpg
 この章もボスのアイビー含め飛行系が多いのでエーティエが大活躍。
 雑魚敵に飛行系がたくさん出てくるので弓使いの育成は必須な感じがする。


9章 激突


 特に言うこともないくらい簡単なマップ。
 孤立しているジェーデはアーマーで頑丈なので余裕を持って助けることができました。
 後は左右にユニットを分けてゆるりと敵を撃破してクリア。

 リーフの指輪はアンナに装備。
 トラキアやっていないけどリーフって複数武器使いこなすキャラなのか……。



 以下は気になった部分について

・レベルアップ
 今作、貰える経験値が少ないのかレベルが上がりにくいように感じる。
 上級職と思われる敵将を倒しても経験値が40くらいしか貰えなかったのは驚いた。
 9章時点で平均Lv11程度、訓練所は使用しているが遭遇戦は使っていない。

 このテンポだとマスタープルフを使うタイミングが終盤になるので早めに切っていくべきか悩む。今作は上級職Lv20になってもチェンジプルフでLvを戻せるので下級職Lv20まできっちり上げる意味が薄いのだろうか。上級職になると移動が増えるのが大きい。

・スキル継承
FocWgAlaYAIxFR0.jpg
 今作のスキルの習得方法はSPというコストを払って紋章士から継承するというもの。
 継承するスキルを選べるので育成の自由度が広がるシステムなのだが、肝心のSPが中々稼げない。一度もSPを消化していないセリーヌがSP917しかないので、SP2000のスキルを継承させるのは恐らく終盤手前になるはず。

 リュールは回避+10と踏み込みを継承。
 フランは癒やしの響きと信仰Lv1を継承。

 フランはチェインガードを発動させるためにHPを満タンを維持したいが、自身のHPを回復させる手間を作るのが面倒だったので、杖を振ると自己回復できる癒やしの響きとの相性は良くて使い勝手が向上しました。

FE エンゲージ part2

外伝 大器晩成


 最近のFE恒例となっている良成長持ち村人枠の加入章。

 章自体の難易度はそこまで高くなく、村人を守る章で1ターン目から村人が敵の攻撃範囲に入ってしまっているのは驚くが、ジャンとショーンがこまめに回復してくれるおかげでそこまで焦らなくても村人を助けることができました。

 ジャンは育成するか未定。歴代村人枠を見ても覚醒のドニは文句なしのエースユニットでしたが、モズメ(if)、ツィリル(風花)と作品を追うごとに微妙になっている気がする。モンク枠はフランがそこそこ良い成長をしているのでスタメンを譲るのも惜しい。


6章 奪われた指輪


 索敵マップ。
 移動力がデフレされている今作では視界外に潜む飛行系や騎馬系に後衛を奇襲される心配が少ないのが救い。

 6章で加入したユナカの職業はシーフ。ナイフの仕様が変わっていて、相手を毒状態にして与えるダメージを増加できるようですね。ifの暗器のような活躍が期待できそう。

 紋章士のミカヤも加入。シンクロさせれば杖の適正を持っていなくても杖が触れるようになるというかなり面白い性能。エンゲージさせれば杖の射程増加にエンゲージ技で全体回復もできるので今後の攻略でかなり役立ちそうである。


外伝 秘密の行商人


 こちらも恒例となっているアンナさん加入章。
 作品毎に微妙に設定が異なるアンナですが、今作はなんと斧を持った幼女

 ブシュロンは殆ど活躍していないし、ヴァンドレはそろそろお助けパラディンとしての役目を終えそうなので、必然的に穴の開いた斧枠はアンナが入ることになる。斧を持つには攻速落ちが気になる体格ではあるが、成長率でカバーしてくれる……のだろうか。

 攻略は逃げるシーフをセリカのワープライナとシグルドの移動力を活かせばそこまで難しくないマップでした。この章で気付いたんですけど、宝箱って誰でも開けられるんですね。扉も攻撃すれば破壊できますし、シーフってもしかしていらない……?



 以下は気になった部分について

・グラフィック
FoCm_XOaMAAtAxG.jpg
 今作のグラフィック、かなり良いですね。
 風花雪月より更に洗練されつつ、ロード時間をそこまで感じさせないのが凄い。
 戦闘アニメもパワーアップしていてペガサスの動きは爽快感があります。

FoCm_XJaYAAKN25.jpg
 ソラネルでは仲間になったユニットの私服姿が見れるのですが、これもキャラの特色を抑えた可愛い感じに仕上がっていますね。
 アクセサリー店で服を仕立てれば着替えさせることができるみたいですが、私服の完成度が高いので活用していない。有限である資材を使うのもあまり良くない。


・錬成屋
FoCuXhAaEAA3Vp-.jpg
 ifと同じく武器に耐久値が存在しないので基本的に余った資金は武器の強化に回すことになりそうです。

 鉄系武器は僅かな費用で威力を+2上げられるので錬成しておいて損はなさそうですね、下手したら終盤まで鉄系武器を使ってそう。鋼系武器はやたら重くて攻速落ちするし命中不安で肝心なところで外すから弱いんだ。ぼくはFEシリーズに詳しいんだ。

 紋章刻印は一人の紋章士につき一つの武器という制約はあるものの、お手軽に武器を強化できる。その中でもミカヤの刻印は回避が大幅に上昇するのでかなり壊れ性能な予感がする。とりあえずリュールの専用武器に付けて回避盾として活躍してもらう。


・移動力のデフレ
FnXMPS3aYAIIVox.jpg
 何度か触れている部分ではありますが、今作は全体的に移動力が低い。
 歩兵・重歩兵が4マス、騎馬系・シーフが5マス、上級職の騎馬・飛行系が6マス。
 序盤は1マス足りなくて攻撃や杖が届かないというのが頻発しました。

 一度に移動できる距離を制限してマップを広大に見せようとする意図なんですかね?
 個人的にはプレイが少し窮屈に感じるので今まで通りでも良かったのかなと思っています。

FE エンゲージ part1

FnXL5x-aUAEJqFE.jpg
 FEエンゲージ、楽しみにしていました。
 第一報と紹介PV以外の事前情報は詳しく調べていません。

 正直PV時点でのストーリーの期待値はあまり高くないです。
 しかしSRPG面では「戦闘スタイル」「ブレイク」といった新しい要素が面白そうなので期待しています。

 感想についてはSRPGパートを中心にざっくりと書いていく予定です。
 

FnXL5xgagAMHqW4.jpg
 難易度はハード/クラシックを選択。いつもの。
 ルナティックは二週目の楽しみに取っておきます。
 

序章 紋章士

 チュートリアル。
 なんとなく覚醒に近い始まり方ですね。

1章 目覚め

 あからさまなお助けパラディンであるヴァンドレで削ってリュールで経験値を稼いでいく。リュールがLv2になるも3ピン、今作の成長率はそこまで高くないのだろうか。
 

2章 神竜王ルミエル

 ブレイクや杖・魔法のチュートリアル。
 ルミエルがシグルドとエンゲージして超移動力で襲ってきたのは驚いた。

 ブレイクは武器の三すくみで有利を取ると相手の反撃を封じることができるので、滅茶苦茶強力ですね。武器種が偏らないようにユニットを育成するのも重要ですが、上級職はソードマスターやスナイパーのような一芸タイプよりも様々な武器を持てる兵種を選んだほうが強そう。

3章 襲撃者

 斧使いのブシュロン、弓使いのエーティエ、槍使いのアルフレッドが加入。
 左側に仲間を寄せてペガサスナイトが後衛を狙わないように進めてクリア。
 エーティエの弓でペガサスナイトを確殺できるの助かる。

 アルフレッドはストーリーの立ち位置的にもメインキャラっぽいのと、エーティエは女アーチャーで脳筋お嬢様という面白い属性を持っているので育成する予定です。

 

4章 花の風車村

 孤立しているルイとクロエを救助するマップ。
 ルイは砦に置けば安々とやられないので時間を稼ぎつつ、クロエで魔法使いを倒して仲間と合流させてクリアしました。序盤でセリカをエンゲージさせたセリーヌをワープワイナで合流させましたが、セリーヌ自身は打たれ弱いので正解とは言えなかった。

 セリーヌとクロエも育成したいですねえ。
 飛行系はメインパーティに1体は欲しいですし。

 

5章 王都奪還

 3章辺りから薄々と感じていたことだが、FEエンゲージ、結構難しい
 敵の数も多いし、攻撃力も高いので安心して前に出せるのはルイくらい。
 ハードモードが文字通りハードらしい難しさで少し安心する。

 この章の要所である宝箱を狙うシーフはシグルドをエンゲージさせたアルフレッドを特攻させて撃破。ワープライナを使用しても良かったかもしれない。

 そしてボスがまさかの復活。完全に初見殺しだったので時水晶を使いました。
 今後のボスが標準装備だったらかなり厄介ですね。



 以下は仲間になったユニットの雑感について。

 リュール
 基本マルスとエンゲージさせて使用。
 成長が剣士タイプなのでHPと守備の低さが気になる。

 ヴァンドレ
 お助けパラディンではあるものの、5章時点で既に安心して前に出せる強さはない。

 クラン
 強いのだが、魔法系はセリーヌを育成したいので最後まで使用しないかもしれない。

 フラン
 ヒーラーがフランしかいないので育成がほぼ必須になっている。チェインガードのHPが最大という条件がレベルアップでHPが成長すると外れてしまうのが使いづらい。

 アルフレッド
 力は伸びるものの、速さが伸びないのが気になる。
 メインキャラだから使い続けたいけども……。

 エーティエ
 こちらも成長が力に偏って速さが伸びてくれない。
 弓兵なので力が伸びてくれるのは嬉しいのだが。

 ブシュロン
 連携役として時折活躍してくれる。しかし、影が薄い。
 別の斧役が仲間になったらひっそりと出撃しなくなる、そんな雰囲気を持っている。

 セリーヌ
 セリカとのエンゲージがシンプルに強い。
 最後まで育成していく予定です。

 クロエ
 飛行系は育てて損がないと思っているので、強力なライバルが出現しない限りは育成する予定です。キャラクターもけっこう好き。

 ルイ
 育成する予定はなかったのだが、あまりにも守備の高さによる壁役が優秀すぎて使わざるを得ない場面が多い。もしかしたら強ユニットなのかもしれない。