蒼炎の軌跡 H(完)の記事 (3/4)

FE蒼炎ハード 十七章Area1・Area2

 物語の中盤で要所でしょうか。蒼炎はここからが面白いって感じです。

 十七章 Area1
 リセット回数0 四連戦するとても長い章ですが、逆に一つずつが簡単なので難易度は低く敵も少ない。
 四連戦の間に武器の購入や輸送隊からのアイテムの出し入れが出来ない、よって武器がけっこう無くなるのでめいっぱい持ってくる、耐久が中途半端な武器は預けたりして新注したり。
 ガトリーが猛威を振るう。あの硬さはシャレにならないね、全然喰らわない。壁役は本当に重要。
 問題なさすぎて特に言うことない。毒って逆に回復ユニットのカモだな。
 途中でボーレ、ケビンがクラスチェンジ。ケビンは安定した騎馬ユニット、若干早さや力が足りないが不足している程でもない。ティアマト涙目。
 ボーレは力馬鹿、力だけならとんでもないけど防御が10、剣士でも攻撃喰らい続けると危ない。しかも攻撃外しまくる。弱点補えば一気に化け物になるんだがなぁ。

 十七章 Area2
 リセット回数0 騎馬隊。
 相手は騎馬ユニットが中心、特にパラディンはけっこう厄介。
 こちら側に応援を送れる、応援は輸送隊の道具を引き出せるのでアイテムの補充はここ経由。
 序盤で陣形張って騎馬隊に備える、パラディンはけっこう性能高いのでガトリーで受けて他で止め。騎馬のヒット&アウェイは敵に回すと厄介だね、誘き寄せたつもりが距離保たれて歩兵が攻められない。
 神官がリブロー持っていたので盗る、終盤までお供になる重要アイテム。余るくらい欲しいです。
 竜騎士もまだあまり硬くないから特攻なしでも簡単に応戦、ドラゴンマスターから一気に硬くなるから困る。

FE蒼炎ハード 十五章・十六章

 奇跡の御業~♪

 十五章
 リセット回数1 セネリオが猫の追撃を受けて・・。この時点でイレースとセネリオが同時に危なくて、イレース側を庇ったらセネリオ死亡。よく計算したらイレース側は追撃受けなくて生存、ありえん(笑)此処に来て初めてな凡ミス。
 砂漠マップ。当然お宝大量、久しぶりに攻略本片手に進めました、宝の位置は把握できません。
 はっきり言えばボーナスマップ、敵は全てラグズ。そこまで手ごわい相手でもなく条件もないので化身していない時や一匹ずつ誘き寄せて削っていけるのできっちり経験値を稼ぐことが出来ます、油断してセネリオ逝かせといてアレですけど。
 ボスのムワリムも拠点から動かず、間接攻撃がないので魔法でバシバシチクチク。
 飛行系が一番活躍するかな、ラグズガードもたせて走りまわせれば飛ぶ重歩兵・・とまではいかないけど虎以外はかなり安定して受けれる。
 戦闘では一回も参加せずだったがジル、ガトリー運送用で大活躍でした。
 大切なブーツ、リブロー、ソーンバルケを発掘して無事クリア、一気にユニット強化でおいしい。
 この時点で主力メンバーの平均レベルは19! 次章からクラスチェンジ連続だね!

 十六章
 リセット回数0 危ない部分はない。
 新規加入トパック・ムワリム。寝返りでダラハウ。
 盗賊ぱねぇ、リブローと遠距離魔法持ってかれた、宝取ってすぐに帰る。次の宝の場所で待ち伏せしてたんだが・・。追いつくのは無理なんじゃないか?w
 堅実に攻めれば問題ない、相手の魔法が少々キツかったりスナイパーがいるから注意だがそれだけ。宝確保を考えると難しいのだろうけど、致命的なミス以外割とスルーしてしまう、宝も同じく。
 ガトリー遅いけどかてぇ・・w 剣士の追撃もノーダメなら意味がない、斧相手にもノーダメだから恐ろしい。騎士の守りの成長補正はとんでもない、重歩兵育成の必需品ですな。

 そして中盤でマーシャがクラスチェンジ! ティアマトさんバイバイの高性能キャラ。今章からフルガード登場で弓も怖くない。
 終盤でガトリークラスチェンジ! 参戦時は若干レベル不足だったのにいつ稼いでいたのか。やたら高い硬さと攻撃で典型的な壁キャラ、壁キャラ分がなかったけどこれで安心。
 この流れで無事クリア、ガトリーはスペック差でボスキャラ倒せるから恐ろしい。
 相手→5ダメージ ガトリー→14ダメージ 先輩ジェネラルさん自慢の硬さどうしたんすかww

 他のキャラは若干空気だったけどLv19殆どだし、十七章の連戦で殆どがCCするでしょう。
 セネリオイレース組は相変わらずレベル不足、これどっちか絞ったほうが効率上がるんですけどね・・賢者二人必要?

FE蒼炎ハード 十三章・十四章

 やっと日記と実プレイが追いついた。

 十三章
 リセット回数1 ステラお嬢様のワンターンキル
 新規加入ステラ。 ガトリー再参戦。
 今回も船上の戦い、だがカラスは少なく人が多め。少なからずカラスがいるので注意。
 三隻あり一つが自軍の船、中央はベグニオン(味方)三つ目はデイン(敵国)の船。中央の船室を守るのが条件でベグニオンの兵士は時間稼ぎ程度の強さしかない、ガトリーは自慢の硬さで相変わらずだけど。
 攻略は序盤は全速、中盤は宝をあさりながらゆっくり。初ターンでステラ説得、ガトリー説得させないとステラが危ない。ニターン目くらいでベグニオン船を占拠して橋に硬いの置いて安定させる。カラスは序盤は普通に攻撃し、中盤から終盤にかけては宝箱だけを狙いに来る。とくにカラスの移動性能から色々と飛び越えられて防衛地点を取られる事があるので防衛地点は何かしら置いておく。中盤はあえて宝を取らせて倒し宝を取るのも手、奥義の書は絶対に取っておきたい。
 ボスノシトヒはけっこう優秀なスナイパー、囲めば怖くないけどやわらかいユニットだと致命傷くらいかねない。
 ネフェニーやガトリーが生きた、ネフェニーは地道に育ててきただけに力も守備も上々、将来優秀そう。
 ガトリーは久しぶりに出てくると素早さの低さがありえんね、5って。騎士の守りの素早さ補正は必須

 十四章
 リセット回数0 色々やっちゃったけどまぁいいか
 新規加入マカロフ
 船上も終わってやっとゆっくり出来る章、稼げる所は稼ぎたい。索敵マップだが硬いユニットをゆっくり進めれば事故も殆どないはず。
 左上にマカロフと民家、右上にボス。左上には素早い進軍、右上には硬いユニットでこらえててもらいたい。どちらも途中で合流できる。
 マーシャを使ってマカロフを説得できたものの・・左上の民家が全滅・・もぅどうにでもなぁれで見捨てる。
 ボスはキラーアクスを持っておきながら動かない、近くのなりそこないも動かない。手槍魔法でチクチクおいしいです^q^
 この時点で平均Lv17くらい。バランスよく育てると返ってレベル不足になるのがFEの法則なんでしょうか、バランスよい成長より偏った成長のほうが強く育つしね。
 セネリオ、イレースの成長が心もとない、というのも速さが足りない。
 セネリオは速さが高いが力0が潰してる、イレースは力があるが速さが低い、お互い魔力高い。足してニで割りたいよ!

 もうちょっと感想を六行くらいでまとめたいが・・まとめられるけどなんか書きたいことがいっぱいでてきてみにくい文に・・ビクンビクン

FE蒼炎ハード 十一章・十二章

 非ばかりですけど蒼炎も進めてます、書いてないだけで。

 十一章
 リセット回数0 ですけどボーレが死に掛けました。
 ケビン・ネフェニー・チャップ加入。オスカーの火力不足はどうしようもないのでケビンに乗り換え。ネフェニーはそのまま使っていきます。ヵゎぃぃ
 漆黒ハウス まぁネタを知っていれば怖くないのですが知らないと痛い目合います。
 ボス戦闘時に一民家から漆黒が登場、ステータスは終章アイクでも天空次第で負ける。
 当然勝てないのでボスを誘うときは民家の回りに誰もいないことが条件、漆黒はその後のっしのっし近づくのでボスと対峙する時点で到達安定させたほうが気が楽。
 自警団を生存させるとボーナス経験値がおいしい、けど邪魔なので突っ込んでくる相手は容赦なく倒す。自警団の中に獣フェチがいるのでラグズで寝返させる、この時に漆黒でるのが最悪なタイミング。
 回りの敵を片付けたら左上にとにかく進行。終盤の騎馬は厄介、連続攻撃受けると多少硬いユニットでも落ちる、攻撃喰らわないように下げるかティアマトなりで一人潰しておくと楽。
 ボスはけっこう硬くステータスも優秀、ティアマトで削って他で止めをさす、範囲ギリギリで引き付ければ弓で襲うので近接ユニットでボコボコにしてあげられます。
 ネフェニーの怒りは強いけど難しいね、待ちから上手くHPを半減させてあげないと。

 十二章
 リセット回数0
 中盤でジル加入。
 船上の戦い、相手はカラスなので天馬も同然、攻める場所も守る場所も少ない為防戦一方になる。
 ヨファが育っていれば光る。が、育ててないのでマーシャで対抗します。
 相手もラグズなのでタフ、素早さも早いユニットで同速が精一杯、後衛ユニットは前衛をぐるりと回って狙われるので戦いづらい。船上に入ったカラスは必ず仕留める、これを考えて行わないと後衛が危ういです。十一章で貰ったラグズソードが削りに優秀、力の成長率にもよるがかなり削れるので他ユニットで止めを刺しやすい、けれど斧だとカラス相手に命中は安定しない、60~70程度。
 ジルを仲間に入れるが戦力に加えるかは悩み物、素早さの低さに目立つし竜騎士の必要性が今の所低そうなので使う予定はなし。
 ボスを倒してクリア。半化身持ちなのであまり脅威ではなかったかな。

FE蒼炎ハード 九章・十章


 九章
 リセット回数0
 ノーリセ回数が多くて嬉しい。開始時にミスト・ヨファ加入、途中からマーシャ加入。
 仲間は多いがミスト・ヨファ・マーシャと即戦力となるユニットは少ない。敵もけっこう強いので下級組を育てている事が大事。
 左上の家は山賊が突っ込むのでけっこうな速度で追わないと潰れる、なので本陣と訪問で二つに分けたほうがいいのかね。モゥディレテは友軍なので経験値は入らない、化身前でも壁として使えるので使い道はある。
 コタフ周辺の敵が増援含めるとけっこうキツい、家を保護したら本陣と合流して無事制圧。
 家一つ潰した気がするけどそんなことなかったぜ! しかし顔グラ有り山賊の強さが半端ないです
 ボーレの守備力上がる、しかし7、これはドーピング必須っぽくなってきた。
 オスカーは攻撃が低いが防御は高い、逆。安定して受けれる役は大事だけどボーレのほうが需要高い
 新規加入者はミスト・マーシャを使います。ヨファは使う予定はなし、シノンさん使いたいけど初期ステ的にどうか。
 この章は特に時間制限もないのでマーシャとミストのLvを上げる章でした。終盤ではきっと主力になるメンバーですので早めに上級職にしてあげないと・・。

 十章
 リセット回数0
 この章はとくに問題はなかったです。フォルカ加入。
 フォルカは今後リブロー盗みに使ってあげたいですが、武器の不遇もあってかなり使いづらいキャラです、それでもリブローは大切な杖ですので地道にレベルあげないといけない。
 捕虜開放なだけあって、今後戦力になる方を逃がしてあげる。
 みまわりに見つかると多くの増援、わざと初期配置に陣を取ってわざと見つかり増援に備える。むしろみまわりに見つからないでクリア可能なのだろうか。
 ボーレの自慢のHPが二桁ダメージ連続で削られて死にそうになったのを見事回避、リセット回避。
 この章で大切なのはセフェラン、きっとセフェラン。死ぬ心配がないので通路があったらセフェランで塞いで魔法で殴る、セフェランガードおいしいです^q^
 ボスも通路塞げば間接でチクチク、かわいそうに。
 捕虜を全員解放、宝箱取得。マーシャ・ミストのLvを中心にけっこう良かった章かも。
 ワユ育成挫折、オスカーはケビンと防御以外遜色ないステータスだったのでケビンに乗り換えです。ただでさえ槍枠多いので仕方ないです・・頑張れケビン!
 アイクが若干Lv不足、成長は申し分ない。ボーレのLvがアイクに追いつきつつある。