まどか☆マギカ 叛逆の物語(コミック) 感想

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2013/11/12)
原作:Magica Quartet、漫画:ハノカゲ 他

商品詳細を見る
 コミック化された叛逆の物語について。

 本編(コミック)は全12話を3巻に収める都合上かなり内容をカットされていたのが残念でしたが、叛逆の物語はほぼ全ての話が描き下ろしで忠実に再現されていたのが良かったです。ハノカゲさんの絵はキャラの表情が豊かで可愛らしいのでそれだけでも見る価値があると思います、本編からさらに上手くなっている。

 上映が終了してBDもまだ発売していないので叛逆の物語をおさらいしたり知りたい方にはオススメの本です。ただ読み返している途中で「このシーンを映像で見返したいなあ」と思うことが多々ありますねw やはり私にとっては声優や映像演出あってこそのまどか☆マギカだと思うのでBDも欲しくてたまりません。

 熱が少し収まった後でも叛逆は何度も見たくなってしまう中毒性がありますね。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック