ウメハラ FIGHTING GAMERS! (1)  感想

ウメハラ FIGHTING GAMERS! (1) (角川コミックス・エース 488-1)ウメハラ FIGHTING GAMERS! (1) (角川コミックス・エース 488-1)
(2014/12/25)
西出 ケンゴロー

商品詳細を見る
 タイトルは「ウメハラ」ですが本編は完全に「オオヌキ」

 なんと9話収録されている中でウメハラさんは一言も喋らない。ヌキがウメハラを意識しているうちに格闘ゲームにのめり込んでいき、打倒ウメハラを目指す物語になっているので主人公であるはずのウメハラさんがラスボスのような扱いを受けています。この漫画は基本的にヌキの顔芸や腹黒い一面を楽しむものですねw
 物語もしっかりしているので、普通に一つの作品として見ても面白いと思います。個人的にはツトムがどうなるのか凄く気になっている。

 本編は週刊ジョージアという無料アプリで読めるのでオススメです。再来週でZERO3編が完結して一旦終わりますが、好評だったおかげで既に続編は決まっているみたいです。このまま2巻3巻と人気が続いていってほしいですね。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック