FEif 白夜王国 27章~終章

 終章まで。

 27章 暗夜王ガロン
 ガロンと決着を付ける章。最終戦で遂に夜刀神がリョウマの雷神刀と共鳴し覚醒、夜刀神・白夜になりました。威力は銀の剣を上回り力や速さの能力補正付きと最後にふさわしい性能の武器です。しかし武器のスロットのような部分が4つ空いててタクミとリョウマの二人分しか埋まってないのが気になりますね、残りの二つがレオンとマークスで透魔編で全ての力が開放されるのだろうか。

 マップの難易度は普通、中央のバーサーカーには手を出さず左右の敵を少しずつおびき寄せて倒していく。バーサーカーは攻撃がシャレにならないくらいある上に必殺率もあるので事故死の塊のような敵ですね、回避盾目当てでカザハナを置いても30%くらいの確率で致命傷を喰らってしまうので安心できない。

 左右の敵が少しずつこちらに向かってくるので迎え撃ちながら進軍、敵の攻撃力がやたら高いことに気をつけて2回以上ダメージを喰らわないことを意識していればそこまで難しくなかったです。ボスのガロンは取り巻きの敵を射程3の手裏剣で片付けて一騎打ち、カザハナに斧斬りの刀を持たせて流星が発動すればけっこう減ります。しかしカムイの夜刀神が安定してダメージを与えることができる。

 終章 闇の去り行く暁
 ガロンが力を開放して暗夜竜に、やはりFEのラスボスといえばドラゴンか。夜刀神が砕かれカムイも生死を彷徨いますがマークスやエリーゼに引き止められ復活、アクアの歌で敵の能力を抑えこむと同時に終章が始まります。覚醒の時もそうですが終章の時にメインテーマが流れるのは演出的にかなり燃えますね。

 この章、狭いマップに四方に敵が囲んでいるというそこそこ難しいマップですが、なんと27章からの連戦なのでリセットしたら27章からやり直しなのである。絶対にミスは許されないのだが見事にフラグ回収して仲間が死亡、3回くらいやり直しました。何度もやれば27章はパターンのようにクリアできる……が、面倒である。

 最初は普通に敵を待ち受けようと思ったらボウナイトの攻陣を考慮せずヒノカが死亡。二回目は一旦下の敵を片付けて回り込むように右から攻めました、下の敵を片付ける所までは上手くいきましたがガロンの竜脈で平地をダメージ床に変えられ、増援が止めどなく出現するので徐々に回復が追いつかずジリ貧になり死亡。

 3回目はガロンが竜脈を発動する前に速攻で仕留めることに。殆どの敵が攻撃範囲に入らないと動かないみたいなので、正面の敵だけを片付けてガロンの周りを減らしていき、一気に他の仲間で特攻。中々ステータスが高いのでカムイ以外の攻撃が通りにくいが、カムイに歌わせて2回攻撃した後、タクミの風神弓で撃破! これでクリアです。

 戦争は終わり、暗夜王国とも友好な関係を築けるみたいなので王道のハッピーエンドという内容ですね。しかしガロンが既に正気ではなかったという話やハイドラ竜という謎の単語も現れ白夜編だけでは物語全ての謎が明かされる訳ではなさそうです、最後にアクアが消失してしまったのも透魔編に深く関わってきそうだ。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック