FE Echoes 3章(アルム軍) ドゼーの砦 まで

 3章「解放戦争」に突入、3章ではアルム軍とセリカ軍を自由に動かしながら攻略していくことになる。二つの軍を操作しなければならない分3章のボリュームは1章や2章の倍くらいあり、フリーマップ上に動く敵が出現するなどいよいよゲーム的にもチュートリアルが終わり本番と言った所でしょうか。

 私はアルム軍→セリカ軍→アルム軍……と交互に1マップずつ攻略していきましたが、それだと記事を書くのが面倒くさいので記事毎にアルム軍とセリカ軍を書き分ける形を取りたいと思います。

 3章(アルム) ソフィアの北 ~ ソファアの森1
 フェルナンが敵として登場。あまり強くない。

 魔女が初登場、どこからでもワープしてきて突然攻撃してくるというとんでもない敵。流石に突然後衛の弱い仲間に回り込んで即死させるという理不尽な展開はなかったが、こんなのが複数体現れると思うとゾッとする。攻略自体は魔女以外は驚異的な敵もいなかったので特に問題なくクリアすることができた。

 ソファアの森1は祈祷師だらけのマップだが、正直あまり記憶に残っていない。

 3章(アルム) 森の分岐点
 ベルクトとフェルナンが登場。ベルクトがアルムの力を見たいという戯れらしい。冒頭ではベルクトがアルムの聖痕に気付く3Dのムービーシーン、覚醒ifと比べるとこの演出が進化しているのはEchoesの素晴らしい点だと思っている。

 敵はベルクト+フェルナン+パラディンの3人。初期配置は敵を中心に三方向に囲めるような配置となっているが、逆に後衛キャラを守りづらくなっている配置なので面倒である。なので一番強いアルムを敵の攻撃範囲にある森に置いて、他の仲間は攻撃範囲から外させた。

 アルムで敵騎兵3人を相手にしますが、森補正のおかげで敵は実質ベルクトだけですし、アルムは道具袋からいつでも回復できるので時間は掛かりましたがクリア自体は簡単でした。ベルクト戦は専用BGMでカッコイイですね。


 3章(アルム) 森の村
 デューテを助けて欲しいということで魔道士のリュートが仲間になる。アルム軍に待望の魔法使いが加わった! 今まで硬い敵はアルムのゴリ押しとロビンのいかづちの剣任せだったのでこれは嬉しい。

 そしてここの鍛冶屋で装備を強化できるようです。ダンジョンにあった銀貨の使い道ってこれだったんですね。折角なのでアルムの鉄の剣を強化した。

 3章(アルム) ドゼーの砦
 女騎士のマチルダを救出するマップ。祈祷師が召喚したゾンビがマチルダに襲ってくるのでタイムリミットがあるが、マチルダはかなり強いので余程遅れない限り死ぬことはないように思う。

 開幕1ターン目で魔女のワープから突然ファイアーを2回浴びせられてクレーベが即死、初めてミラの歯車を使わせられた。ワープからの即死攻撃とか防ぎようがないだろ……ミラの歯車使用後は微妙にクレーベの位置を変えるだけで攻撃対象を変えたし、AIが読めない。

 章自体も城に入ると多数のアーマーと弓兵が待ち構えているので難しかったですね。アーマーにはリュートが即戦力として活躍してくれた。アルム軍は魔法貧弱なのでエフィは魔道士にするべきだったか。

 この章のクリア後にドゼーの砦(内部)から王者の剣を入手したりマチルダを仲間にできるのだが、ドゼーの砦(内部)をチェックするのを忘れていて気付くのは水門を攻略する直前である。マチルダを救出するマップなのに助けたマチルダ関連のイベントがまったくないことに当時の自分は違和感を覚えなかったのだろうか……謎。


 おまけ
WVW69kROEoEpFbTiXP.jpg
WVW69kROFaMSb4cmsi.jpg
 アルムとセリカがケンカしたことを知り心なしか嬉しそうなエフィちゃん。
 エフィちゃん、アルムの事が好きすぎて少し拗らせている。
 もしアルムとセリカがくっついたらエフィの後日談はどうなるのか……。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック