iPad考察

 iPadを買う買うと言いつつ未だに持っていない状況。
 色々と事情があって多分早く買ったとしても6月、遅くて年内になりそうです。

 iPadの種類って現状インチ違いも含めると5機種もあるのでiPad欲しい!ってなってから自分に合うものを見つけるのも大変そう。というか私も何を買うべきか悩んでいる状態なので今出ているiPadを振り返って何が合っているか改めて考えたいと思います。

 iPad 9.7インチ (32GB/128GB) 37.800円~
 最もお手頃な価格の通常iPad。
 安価といってもiPhone7と同じチップを積んでいるので十分に高性能。
 私の使用用途が軽いゲームや電子書籍、動画の視聴くらいであることを考えれば正直このiPadを選んでも不自由することは殆ど無い気がする。

 ただiPadはスマホと比べてタブレットは買い替えのスパンが長いので折角であれば良いものを買いたいのと、最安モデルの32GBは容量的に心もとないのでそこが懸念ですね。

 iPad mini 7.9インチ (64GB/256GB) 45.800円~
 片手で持てるiPad。
 電子書籍を読むなら丁度良くて動画の視聴だと少し物足りないサイズ感。

 元々持つとしたらminiくらいのサイズがいいかなと思っていて、一番の問題であった性能不足が解消されたことによって一番の候補ではあったのですが、iPad持ってる人に話を聞くと家の中で使うなら絶対大画面の方がいい、小さいのを買って後悔して大きいのを買ったと大画面派の支持が強いので揺らいでいる。確かにどうせ外では使わないから大画面でいいかもしれない(安直)。

 iPad Air 10.5インチ (64GB/256GB) 54.800円~
 iPad以上 iPad Pro未満のミッドレンジモデル。
 性能がiPadの2世代上のチップを積んでいて、ディスプレイに反射防止やフルラミネーションが施されていて細かい部分が第二世代iPad Proに近い。

 iPad 128GBとiPad Air 64GBの価格差が約6000円なので、iPad 128GBを選ぶならiPad Airを選ぶのもアリなのかなと思います。

 iPad Pro 11/12.9インチ (64GB/256GB/512GB/1TB) 89.800円~
 ハイエンドモデルのiPad。

 充電口がtype-CなのでAndroidと充電器を併用できる、ベゼルが狭いので画面サイズ以上にコンパクト、3年先を見ているかのようなお化けスペックとProの優位点は多いのですが、いかんせん高すぎる。良いに越したことはないのですが、流石にそれを活かすほどの機会がないので買うことは無さそう。デザインは一番好き。


 というわけで意外とiPad Airが良いのかなあと思っています。ベゼルを狭くしたiPad mini Pro(9インチ、type-C)が6万円くらいで出してくれれば即決なのだが。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示