FE風花雪月 黒鷲ハード EP.13 血路の先へ

2019082018091700-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD.jpg
 第二部スタート。
 白雲の章から紅花の章へ。

 黒鷲遊撃隊再結成
2019091223522400-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD.jpg
 五年間行方不明になっていた先生が生徒と再会。再会シーンは良かったんですけど、再会までの過程が想像以上にアッサリだったのは意外。こういうのってFEなら合流を目指す先生が一人で敵に襲われている所を成長した生徒が駆けつけるようなドラマチックな展開があってもおかしくなさそうだが。五年後のデザインは全体的に男性陣が男前になっていて好きですね、カスパルやヒューベルトとか。

 それにしても先生と再会してエーデルガルトが一番ウキウキしてるのが可愛い。

 散策について
 第二部も引き続き散策可能。
 変わった点は今まで教員から指導を受けて技能を伸ばしていたのが、自分より技能の高い生徒に教えを請う高度訓練が使えるようになったこと。

 ただそれ以外の新要素はなく、今までは今節の課題について他学級の生徒からも一言聞けたのが面白かったが、第二部では帝国側の人間しかいないので話す人も少なくなり、スカウトしようと必死に好感度を増やすような必要もなくなったので基本的には料理でみんなのやる気を上げて訓練をやるくらいしかないので少し退屈である。

 エーデルガルトが専用職のアーマーロードに転職。性能的にはウォーリアーとフォートレスの中間といった所。重装を伸ばしていなくても重装職就けるのは助かる、そしてコスチュームが赤を基調としていてかっこいい。

 EP.13 ミルディン大橋の戦い(進軍)
 難易度:★★★☆☆
 第二部は課題出撃から進軍へ。
 キャラの成長と合わせて行動時や勝利時のセリフが変わっているのが細かい。

2019082418365800-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD.jpg
 最初は上の画像のような感じに配置して後衛を守りつつ迎え撃つ。敵のLvが自軍と同じかそれ以上ですし、強さも中々のものなのでフリーマップを極力避けてきたことが原因かレベル不足を感じる。

 中盤に初期配置から出てくるドラゴンナイトの増援にはかなり困らせられましたが、結果的には順調に攻略することができました。敵将をある程度討つとリーダーであるジュディットが撤退し始め、敗北条件にジュディットの撤退が加わるのですが、追いつくのが大変で神速の構えで超移動したベレトが計略で移動を封じて何とか倒せました。

 今までのFEの中でも逃げる敵将を討つことが勝利条件というのは少ない気がする。普通の主人公であれば敵将が撤退した時点で深追いはせず勝利となりそうだが、エーデルガルトは野望の実現に近づくならば多少の犠牲は厭わない確実な一手を考えるので侵略する側の視点として物語を楽しめるのは面白い。

2019082419185500-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD.jpg
 MVPはベレト。
 フレンが抜けたのでベレトの信仰を本格的に伸ばす必要がありそうだ。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示