iPad Air 死亡

 iPad Airが動かなくなりました。
 画面が真っ暗で充電ケーブルを刺しても電源ボタンを押してもまったく反応なし。

20220421_1.png
 購入当初の記事を遡ったら2019年8月頃だったので享年2年9ヶ月。

 壊れるの想定していた2年くらい早くない……?
 スマホやPCのように毎日酷使させて2年9ヶ月ならまだ分からなくもないが、
 私のiPadは1週間で大体60分くらいしか使っていないので使い古した印象もない。

 しかも2年超えというのが絶妙にイジワルで、Apple Careの対象外なんですよねえ。
 正直未だに心がiPadの死を受け入れていないので定期的に電源ボタンを押している。

 こうなってしまうと修理or買い替えの2択になりますが、
 修理は約45,000円でかなり高額。
 45,000円も出すなら無印iPadに買い替えてもお釣りが出る金額。

 iPad Airを使っておいて無印iPadに変更するのは何となく嫌ですし、かといって新型のiPad Airは高額すぎる……と色々悩んだ結果、新しいiPadは用意しないという結論になりました。保留という逃げの選択肢。

 上にも書いたように私がiPadを活用している時間は短いので、無くてもちょっと不便ではありますが生活には支障がない。支障がないなら無くてもいい……ってコト!?

 ただ電子書籍読む時と寝転がって動画見るときにはやはり便利なので、
 不便さに耐えられなくなったらその時に考えようと思います。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示