2022年のTOP3

 今年の振り返り時期。引き続き2022年のTOP3という形で適当に題材と感想を書いて振り返ろうと思います。こういう時に2022年に出来事や思い出がたくさんあればスラスラ書けると思うのだが、まあ筆が遅いこと遅いこと。うーん、自分が悪い。

 私が2022年に買った物や触れたコンテンツなので
 挙げたモノが必ずしも2022年発のモノとは限らないので悪しからず。

 買って良かったもの
1位:IODATA ゲーミングモニター 21.5インチ & エルゴトロン LX
2位:ファイティングスティックα for PlayStation®5, PlayStation®4, PC
3位:SOMA(ソーマ) ランニングウォッチ


 1位はデュアルディスプレイ用に購入したモニターとモニターアーム。これに関しては文句のつけようがないダントツ1位で、モニターが2枚あるとPCでの作業やブラウジングの効率も全然違いますし、PCゲームをやりながら動画を見たり気になったことを調べられたりと並行して2つのことをやりたい時に本当に便利です。私にとってPCはほぼ毎日長時間触るものなので、早く買っておけば良かったと思っています。

 2位は約10年振りに買い替えたアケコン。まさか格ゲーという趣味が10年続くことになるとは。今年を通してもスト5はほぼ日課のようにやっていたので、毎日使用するものだからこそ良い物を使っていきたいですよね。ボタンとレバーを静音性のものに換装していますがとくに不満点もなし。来年はスト6もでるのでますます出番が増えそうです。

 3位はランニングウォッチ。12月はコロナになって休んでいますが、ジョギングのために購入しました。用途は走る時間を計るため。今までスマホのタイマーアプリで代用して計っていましたが、まあこれが信号で足止めされた時に一々タイムを止めるためにポケットから取り出すのが面倒くさい。腕時計であれば手元を操作するだけで非常に楽なので、地味ながら役立っています。スマートウォッチ? そんなのないよ……。

 

 面白かったゲーム
1位:スーパーダンガンロンパ2 (Android)
2位:星のカービィ ディスカバリー (Switch)
3位:It Takes Two (Steam)


 カッコ内は私が遊んだハード。

 1位のスーパーダンガンロンパ2は通勤中にゆっくりと進めていたゲームです。いやーメチャクチャ良かったですね、どれくらい良かったかと言うとTwitterのアイコンが七海千秋になってしまうくらい良い。前作のダンガンロンパは事件・調査・裁判を繰り返しながら何故コロシアイをさせられるのかというような根幹的な謎や伏線は最終章で一気に回収する作りになっていて、2も同じ流れを踏襲していました。だからこそどんな展開でも受け入れる覚悟はしていましたが、それでも終盤の核心部分に触れた時は驚愕しましたし、同時に今までの不可解な出来事がそれ一つで全て納得させられてしまったのが凄い。

 2位は何度か記事で書いたカービィの新作。凄く丁寧に作られていて遊びやすかった記憶があります。ゲームのUIは不便すぎると不親切に感じるし、あれもこれもと指示されると鬱陶しいと感じることもあってバランスが難しいですが、カービィはその辺りの塩梅がとても上手いと思います。ゲーム自体も初の3Dでありながらアクションゲームとしてとても面白かったです。難易度は低めだったので気軽に遊べたのも良い。

 3位は二人プレイ専用ゲームという珍しいもの。友人と休みが合う日を見つけて徐々に進めていって今年ようやくクリアしました。二人プレイでカメラを共有して遊ぶので、相方の画面を見ながら仕掛けを解いたり息を合わせてアクションをこなす場面が数多くあるのですが、特筆すべきはそのバリエーションの豊かさ。時にはTPSのようなシューティング、剣や魔法を使ったアクション、レースゲーム等、絶対にユーザーを飽きさせない強い意思を感じさせた幅広さ。軽い気持ちで買ったら面白かったゲームです。


 面白かったアニメ・漫画
1位:リコリス・リコイル
2位:ゴールデンカムイ
3位:ONE PIECE


 1位は熱量と言うべきか、放送当時の瞬間最大風速で考えるとやはりリコリス・リコイルが今年触れたコンテンツの中では強かったですね。作品自体もかなり好きですけど、私がここまで沼に沈んでしまった最大の要因は錦木千束と井ノ上たきなの所謂ちさたきにハマってしまったことが大きいです。与えれた仕事を機械のようにこなすことしか考えてこなかったなたきなが千束と触れ合うことで日常での生活に輝かしいものを見つけていって徐々に笑顔が増えてくるの、いい……。たきなが千束やお店のために一生懸命何かを考えるも、今までの環境が災いして世間知らず発揮して空回りしちゃうの、いい……。

 千束はアニメキャラの中でもかなり好きなキャラですね、やりたいこと最優先で何事も前向きに捉えて明るく元気に笑顔を振りまく。実際にこんな娘いたら絶対好きになってしまう。千束が何故そういった行動原理を持っているのかも作中の設定と共に明かされる部分ですし、視聴者だけでなく作中のキャラ達も千束に関わり惹かれることで狂わされていくのもまた良いですね。公式であまりにも魔性の女がすぎる。

 最終的には溜まったちさたき欲を発散するために二次創作SSを書いてpixivに投稿してしまいました。初めての経験。ここでURLを貼るのは恥ずかしいのでやめますが、Twitterを少し遡れば投稿ツイートがあります。承認欲求モンスターなので中途半端に宣伝していいねを欲しがってしまう浅ましさ。いいねくれ~!

 2位と3位は漫画。ゴールデンカムイはwebの無料掲載期間で読みました。画像の切り抜きでギャグマンガというイメージが専攻していましたが、実際に読んでみるとシリアスとギャグの緩急が凄まじい滅茶苦茶面白い漫画でした。これが無料で読めるのはあまりにも贅沢。無料期間で読み終えるために後半はかなり駆け足で読んでいたので、いつかセール等の機会があれば今度は全巻購入してじっくり読み返したいです。

 ONE PIECEは元々ジャンプでドレスローザ編辺りまでは追っていたのですが、そこから読むのをやめてしまって、また今回ONE PIECEが最終章に突入して盛り上がっているという情報を聞いて最新刊まで追いついた次第です。まとめて読むと当時子どもだった私が大人になって読んでも全然楽しめる漫画だな~とは思いつつも、週刊誌で追ってたらワノ国編が長すぎてダレて読むのをやめてしまっていたと思うので、一気見が私に合っているコンテンツなのかも。

 順位には入りませんでしたが、ゆるキャン△も1期・2期・劇場版と見てけっこう好きです。なでしこの明るい笑顔が私を狂わせる。
 ぼっち・ざ・ろっく!は現在進行系で視聴中なので選外。6話まで見てます。


 印象的だった出来事
1位:ストリートファイターⅤ SUPER DIAMOND ランクアップ (12月)
2位:FE 新・紋章の謎 ルナティック攻略 (12月)
3位:コロナ感染 (12月)


 全部12月? 嘘だろ……。

 1位はスト5。今年は調整が入ってキャラを豪鬼から影に変更して一時期LP9000まで落ち込みましたが、そこから何とかダイヤまで戻ってこれて、ランクをさらに上げることができたのは本当に嬉しいです。流石にスト6の出る6月までにウルダイに乗せるのは難しいので、スト5は一区切りつけて別のゲームをやろうと思っています。

 2位は過去に難しくて積んだゲームをクリアできたので自分の成長を実感できて良かったです。FEに関しては個別記事で散々書いているので簡潔に。来年の新作楽しみ。

 3位は遂に当たっちゃったか、という感じですね。

 という訳で以上。
 2023年もよろしくおねがいします。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示