アニメポケモン めざせポケモンマスター 1~11話 感想

 長かったサトシの物語も遂に終わってしまいましたね。
 ただ、アニメとして一区切りついただけでサトシの夢と冒険はこれからも続いていく終わり方だったので、今後番外編や劇場版があれば普通に再登場してもおかしくなさそうですね。しばらくは新シリーズをプッシュしていくとは思いますが、流石にこれからずっとサトシが見れないのは寂しいので、またいつか元気な姿を見せて欲しい。

 めざポケ編に関しては1クールを通してサトシとラティアスの交流を描いてゲットに至るとか、チャンピオンになったサトシが次の目標を見つける旅とか、そんな感じを期待していたのですが、どちらかというと無印世代のファンサービスが中心だったのでタケシやカスミに昔のEDは懐かしいなあとは思いましたがあまり語る所がないですね。

 最終回でまさかピジョットが再加入するのは驚きましたね。これに関しては「用事を終わらせたらすぐ帰ってくるから」と言って別れたのに数世代も置き去りにしたサトシはピジョットに一言詫びるべきではないだろうか……w

 アニポケの新シリーズ、どうなるのか楽しみですね。
 舞台はカントー地方(パルデアじゃないの?)らしいですけど、サトシが冒険したカントー地方と共通の世界なのかは気になる。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示