FE エンゲージ part10

外伝 慈愛の王女


2023032811472000-C71F2BA23713B0380A896115D1AD4717.jpg
 セリカ外伝。原作さながら、敵が無限に召喚され続けるので召喚元を断ち切らないと処理に追われて面倒なことになる。さらに召喚された敵を倒しても途中から経験値を落とさなくなり、稼ぎプレイ的な立ち回りもできなくなるので早々にエーティエの流星群やシグルドをエンゲージさせたルイでしとめていく。

 途中でセリカがワープライナで接近してくるのでそのまま撃破。
 セリカの絆レベルの上限を開放したが、序盤入手組は継承スキルが11章以降加入する仲間と比べると見劣りする。シグルド以外。


21章 帰還


2023040209454500-C71F2BA23713B0380A896115D1AD4717.jpg
 滅茶苦茶キツかったです
 大量の増援が四方から出現し続けるのでギリギリの中で処理を求められ続けた。
 特にトロン持ちの増援が厄介。射程3で反撃し辛い上に一撃が重い、霧の回避補正も無視してくるので安定して回避を見込めるキャラが少なかった。その上で毎ターン3体くらい出てくるのは正気の沙汰ではない。

 流星群でヴェイル周辺のドロー持ちを倒したことが恐らく増援のスイッチなので、本当は増援に囲まれる前にヴェイルを倒すことを想定して作られていたのかもしれない。そうでなければ納得できないくらい難しかった。時水晶も残り1回まで追い詰められましたが、何とか殲滅できたおかげで経験値はガッポリと稼げました。

2023040212403600-C71F2BA23713B0380A896115D1AD4717.jpg
 ほっぺがもちもちしてそうなヴェイルは特に苦戦することもなく撃破。
 MVPはラピス、エイリークのジークリンデで増援一箇所抑えられたのは偉い。



22章 神竜と邪竜


2023040218051100-C71F2BA23713B0380A896115D1AD4717.jpg
 主人公が殺され、異形兵で復活するというまさかの展開。
 「普通の死はいらない」という覚悟決まっている台詞、嫌いではないです。
 さらにまさかのヴェイル加入、魔法短剣持ちの即戦力。

2023040219122300-C71F2BA23713B0380A896115D1AD4717.jpg
 散らばった紋章士を再び顕現し直すという内容。難易度は21章と比べれば天と地ほどの差があったので特に苦戦する要素もなくクリア。キャラによっては指輪に依存していた部分もあったのでエーティエとラピスはかなり弱体化していた。


外伝 紡ぎし者


2023040323371000-C71F2BA23713B0380A896115D1AD4717.jpg
 指輪を持ち逃げする異形兵を倒す章。と思いきや指輪持ち異形兵を早々に倒すと敵の増援が突如現れて勝利条件も「敵の全滅」に変更。普通にただの初見殺しだが、章自体の難易度が低いおかげで特に問題なくクリア。




 以下は気になった部分について

・約束の指輪
2023040523495600-C71F2BA23713B0380A896115D1AD4717.jpg
 無いと思っていましたが、まさかの結婚的な要素。
 送った相手とペアENDを迎えられるんですかね……?
 エンゲージ、好きなキャラ多いから誰に渡すか悩みますねえ。


・エンゲージ+
2023040220370800-C71F2BA23713B0380A896115D1AD4717.jpg
 終盤にしてまさかの新システム。
 主人公が紋章士になって蘇るというのも意外な展開でした。
 邪竜特攻が付くのでラスボスに有効なスキルなんですかね。
 エンゲージ相手のシンクロスキルを上書きしてしまうので使い所を選びそう。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示