SEKIRO part1

20240107000926_1.jpg
 SEKIRO、やっています。
 所謂「死にゲー」と云われるジャンル。動画や配信では何度か見たことはありますが、自分で「フロムゲー」をプレイするのは初。この手のゲームはクリアできずに投げそう、という理由で意識的に避けていましたが、ちょっと挑戦してみたい気持ちもあったのでやってみました。ソウルシリーズではなくSEKIROを選んだ理由は雰囲気が薄暗くなさそうなのと主人公のアクションが軽快で動かしていて楽しそうだったから。

20240119213239_1.jpg
 なんとなく、次から次へとつえーやつが出てきて戦うゲームなのかと思っていましたが、フィールドはかなり広大で探索要素もある。鉤縄アクションでフィールドを立体的に移動して面倒な敵をスルーしたり、時には頭上から奇襲を仕掛けることができるのは中々に気持ちいい。攻略の自由度も高いので、ボスを攻略する順番も個人差ありそう。勝てないボスはあえて無視して別ルートで強化してから戻る、というやり方もありか。

20240112233853_1.jpg
 ボス戦は想像していた通り、かなり死にます
 何なら雑魚敵も1vs1ならともかく一度に2人以上に襲われれば普通に死にます。

 ただ、この苦しいボス戦がSEKIROの醍醐味と言っていい程、楽しい。
 初見で一撃喰らわすだけでも大変だった強敵が何度もリベンジしている内に少しずつ相手の連携のパターンの隙を付いて攻撃できるようになってきて、自分が確実に上達して行っていることが分かる。最初は「これ無理なのでは?」という印象から「いや、もしかしたら行けるかも」となって、最後に勝利した時は最高の気持ちよさ。ゲーム側も繰り返し挑むことを想定して負けてもセーブポイントからすぐに再挑戦できるのも良いです。

 戦闘の核となっている「体幹」ゲージがシンプルでありながらとても奥深い。
 敵に攻撃したり、敵の攻撃を弾くことで「体幹」ゲージを蓄積させて、限界まで蓄積させると忍殺で相手の体力ゲージを強制的に1本奪うことができるのですが、攻撃するだけでなく「弾き」で敵の攻撃をタイミングよく防ぐことも攻めに繋がる行動になっているのが面白い。また、相手に休む暇を与えると体幹ゲージが回復してしまうのでチマチマ攻撃するよりも積極的に攻め続けたほうが結果的に楽に倒せるのも良いシステムだと思います。

 敵に攻撃するよりも弾いてる瞬間の方がSEも相まって気持ちいい。


20240122002916_1.jpg
 現在倒した大ボスは鬼形部、まぼろしお蝶、弦一郎です。
 どの敵も20回以上リトライしました。ただのリトライじゃねえぞ(回生)
 これより強いやつがまだゴロゴロいるのか……?
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示