FE蒼炎ハード 二十七章


 二十七章 宿命の刻
 リセット回数2 漆黒めが・・
 出撃ユニット数が少ない! 仕方なくリュシオンを落とす。
 今までと比べるとこの章は簡単な方、だが終わりに漆黒との決戦がある。
 隊を二つに分け両脇から攻める、左をアイク主軸、右はLv低めで数多め、中央からもなりそこないとソードマスター、中央遠距離魔法を消耗させる為にガトリーを単騎投入、防御30+2、鬼すぎます。清水振り掛ければ魔法もある程度防げるしソードマスターの追撃も意味はない、無敵ですね。攻撃あたらねぇよ時代からいつの間にかエース。
 進軍速度は速いので扉開ける厄介な盗賊もすぐに潰してガトリーも右側に合流、いえい。
 扉開けると一気に遠距離やスリープの圧力があるがアイク先頭だと死ぬ要素ない、ぱねぇ。
 ボス・ハフェドはガトリーに攻撃通らず月光でバンバン刺されてカワイソス、勇者の槍でキンって虚しく響く。
 宝箱やリブロー持ちが多くフォルカ大活躍、リブロー10本は余ってるんじゃないかな。ハードでは終章でリブロー売ってるっぽいけど、数には2万G以上得してるぜ、いやっほい。
 無事クリア。この章のクリアは簡単だったんですよ!

 VS漆黒の騎士
 宿命の刻、親父の仇。最初で最後のガチ漆黒戦
 制限ターンは5ターン、5ターン経過した場合強制イベントで終了。
 5ターン経過以外にも勝てないと分かったら逃げても良い、漆黒の撃破は強制ではない。
 漆黒戦はアイクとミストの二組で挑める。ミストは回復でサポートし続ける。
 しかしこの漆黒、強制撃破ではないので半端ない強さ、フルカンストアイクでもサポなしでは無理くさい強さ。

 漆黒     アイク
 60  HP  55
 22  威力 9
 80  命中 82
 0   必殺 0

 アイクの力はカンストしているが、これである。
 漆黒のダメージが22固定ならこっちの勝算かなり大きいんですが、けっこうな頻度でだす相手の月光が超厄介。防御を半分にされる、この所為で漆黒の攻撃は二回耐えられない。
 当然ながらアイクが奥義天空を出すまでの運ゲーなわけです。発動すれば二回攻撃+二回目は月光の効果、これが当たる当たらないか。
 力カンストアイクなら天空一回成功すれば勝てる計算なのだが、あんな分厚い鎧身にまとってあの機敏さはない。

 一戦目:一回天空成功、しかし一回攻撃が外れてHP9残した状態で敗北。
 二戦目:一回天空成功、またしても一回外れる、運頼みの攻撃も漆黒の反撃月光で潰され敗北。
 三戦目:三回も天空が出るが攻撃が当たらない、またもや運頼み。攻撃成功!勝利。
 三度目の正直、外して尚且つ月光決められていたら敗北でした。

 運故に! 人は悲しまなければならぬ! ならば乱数などいらぬ! な感想。
 初プレイは漆黒に負けたので今度こそはと意地張って頑張ったけど二回敗北、しかも負けたら章の最初なのでまた一から攻略しなきゃいけない、とてもじゃないけど面倒なので次の週からはこんなことしないでしょう。
 漆黒を倒すとイナの代わりにナーシルが仲間になります、どっちも使うつもりないけど。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック